FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何が漫画の価値なのか

人の数ほど漫画に違う価値を求めると思う
絵に、話に、はたまた両方に、オリジナル性に、
エロを期待して、バトルに熱くなりたくて、ただ笑いたいとか、
ならば需要を求めて描くということは相当難しいのではないだろうか
何がでかくヒットするのかなんて運頼みなのかもしれない
だが確実に需要を得る方法がある
自分が描きたい漫画を描く事だ
確実に自分に需要がある
オナニープレイとはそういうことだ
しかしオナニーを見てムラムラした人がセックスを求めてきてくれると嬉しい

comment

残念ですが・・・

ああ受けのほうがよいと、

大手でセオリー通りの漫画描けば売れるは売れるよね。
でもそれをやると次で詰むよね。

それは最初に需要を作った人がいるのかもしれませんね

次で摘むかは前の段階でどれだけ読者を増やせるかですかね
Secret

プロフィール

クール教信者

Author:クール教信者
このブログはおっぱいです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。