FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PBR更新

クリスマスにいちゃつく野郎は漫画の中の存在であろうと
いらいらしてしまう心の狭さ
妄想でしか己を慰める事ができない悲しさ
それが今回の悲劇を引き起こしたといってもいい
死んでても生きてても後の展開にたいして絡ませたくなかったってのはあるが

どんどん進めないといけないからやられるコマは1p
ニッケルもびっくりだこりゃあ

PBR更新

友人のいない世界は荒野と同じだと偉人のおじさんが言っていたが
荒野で生きてる人間は強いか死ぬ

遭遇

偶然絵チャで天原さんと遭遇した
いろいろ漫画について話した後
DLエロ同人について話したのだが
相当きびしい格差が形成されているようだ
エロ同人というのは個々の需要に合わせていたらきりがないので
大量に売るのが難しいのだろう
ただ読みしてるサイトから客は引っ張れないらしいし
地雷もあちこち飛び出しているため警戒はきびしい
ちょっとやろうかなとか思ってしまうが
稼げるものではないだろう
ノーリスクという言葉は魅力的ではあったが

ピーチボーイ更新

どうも性善説前提の会話だと話の説得力が欠けていく気がする
性悪説を考慮しなければ皆サリーに同意してしまうじゃないか

そして、ずっと考えてなかったがあの剣はエアにした
元ネタhttp://www.pandaemonium.net/menu/devil/ea_s.html
レーヴァテインかガーバンテインにもしようかと思ったが…
はたまたオリジナルでもよかったのだが、どうにも名前は浮かばなかった

会話パートって過去会話の引用を多用すると結構演出稼げる

そういえば

考えてみたらコラム紹介されたのってピーチボーイなんですよね…
ピーチボーイってどんな話なの?って聞かれたらどう答えるだろうか

「桃太郎は序盤にチラっと出てあとは空気だよ」
「鬼は国一つ消し飛ばしたりするよ」
「ただの人間からアンテナが生えてバリアーが出るよ」

これでどういう話かは理解できますね

ピーチボーイって実は六話辺りで〆るつもりだったんですよね
でも描きたくなったからずっと続いてますね
一週間35Pであと1年くらい
終わるには何ページか…
終わった時残った結果を見て自分が何を思うのだろう…



何が漫画の価値なのか

人の数ほど漫画に違う価値を求めると思う
絵に、話に、はたまた両方に、オリジナル性に、
エロを期待して、バトルに熱くなりたくて、ただ笑いたいとか、
ならば需要を求めて描くということは相当難しいのではないだろうか
何がでかくヒットするのかなんて運頼みなのかもしれない
だが確実に需要を得る方法がある
自分が描きたい漫画を描く事だ
確実に自分に需要がある
オナニープレイとはそういうことだ
しかしオナニーを見てムラムラした人がセックスを求めてきてくれると嬉しい

PBR更新

弱い人間が強い鬼に挑む形だと運か知略で勝負することになると思います
己の全ての力と伏線を懸けて闘わないと死にます

とりあえずそろそろまとめないとあと三更新で戦いが終わらないですね

ヤタロックVSシンクロダムド

シンクロダムド「あなたが闘う力を守ってこられたのはコナミで発売されたという誇りがあったからでしょ!!」
ヤタ「その誇りをくれたのがコナミならば!!奪ったのもコナミなのだ!!ねぎらいの言葉一つなく開闢を禁止にしたんだよ!!そんなコナミのために闘う貴様などに、ヤタロックは倒せん!!」
シンクロダムド「倒す!!倒します!!」

シンクロダムド「遅い!!(後攻1ターンで揃った的な意味で)」

ヤタ「純粋にガチを楽しむものこそ!!」
シンクロダムド「ガチを捨てて闘えぬものには!!」

ヤタ「オ・ノーレ!!」

というわけでシンクロダムドの勝ちになりましたとさ

プロフィール

クール教信者

Author:クール教信者
このブログはおっぱいです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。